⇒函館元町おすすめ観光コース!徒歩で7箇所をめぐる異国情緒プラン

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

モダンな洋館や協会が並ぶ人気の観光スポット「函館元町地区」。押さえておきたい観光ポイントは隣接しているので歩いて回れます。
歴史感じるカフェで休憩しながらのおすすめ散策コースを、徒歩移動の目安時間と一緒に紹介します!

函館元町散策おすすめコース

出発:末広町電停→①旧イギリス領事館→②元町公園→③旧函館区公会堂
休憩:④古民家カフェ~茶房「菊泉」
→⑤函館ハリストス正教会→⑥函館聖ヨハネ協会→⑦カトリック元町教会→十字街電停

函館元町散策おすすめ観光ルート

出発:市電末広電停

異国情緒ただよう元町散策へ出発

函館観光の徒歩目安徒歩7分

旧イギリス領事館

函館元町観光の旧イギリス領事館
函館観光の旧イギリス領事館【イギリス領事館】設置されたのは、函館が開港した安政6年(1859)。白壁にブルーの窓枠が美しい現在のビクトリア調の建物は大正2年(1913)に建てられたもの。

館内にはペリーが来日時に乗船してきたポーハタン号の模型や開港までの歴史をパネルで学べる展示室があり、英国輸入雑貨を扱うショップや英国式アフタヌーンティーが楽しめるカフェも併設されています。バラの咲く英国式庭園は6~7月が見ごろです。

徒歩2分函館観光の徒歩目安

函館元町公園

函館元町観光の元町公園
函館元町公園の写真【元町公園】かつて箱館奉行所や支庁が置かれ行政の中心地だった場所。現在は港と市街が見渡せる公園として整備され、初夏には近くの旧イギリス領事館とともにバラが咲き誇ります。

8月には「はこだて国際民族芸術祭」など各イベント会場として市民に親しまれる憩いの場。園内に残っている旧北海道庁函館支庁庁舎は1階が観光案内所、2階が函館写真歴史館として利用されています。

函館観光の徒歩目安徒歩1分

旧函館区公会堂

旧函館区公会堂の散策タイトル
旧函館区公会堂の写真【旧函館区公会堂】明治40年(1907)の大火で焼失した町会所を、明治43年(1910)再建したのが現在の公会堂。国内に現存する公会堂の中でも建築意匠に優れています。

左右対称の木造コロニアル様式の本館は昭和49年、付属棟は昭和55年に国の重要文化財に指定されミシュラン・グリーンガイド(改訂第2版)では二ツ星に認定されています。

徒歩7分函館観光の徒歩目安

 

元町散策ちょっと休憩!カフェならココ

 休憩するなら茶房菊泉

休憩ポイント茶房菊泉【茶房 菊泉】大正10年に建てられた酒問屋の民家を利用したカフェ。 囲炉裏のある店内には当時に使われていた品々が飾られ落ち着いた雰囲気。 入り口で靴を脱いで上がるので疲れた足をゆっくり伸ばせる。(座敷・テーブル・広めの個室)
とうふ白玉パフェ(600円)ごまアイス(320円)など和スイーツでちょっと一息するならココ!

  info  茶房 菊泉(0138-22-0306)
函館市元町14-5(時)10:00-17:00(休)木曜(P)なし

【函館カフェレポート】茶房菊泉に行ってきました!

函館元町オススメ喫茶店は茶房菊泉【函館グルメ】レトロな古民家カフェ茶房菊泉!元町観光でひと休み
函館には古い建物を利用した素敵なカフェ・レストランがたくさんあります。 教会や洋館が立ち並ぶ元町地区にある古民家カフェ茶房 菊...

函館観光の徒歩目安徒歩7分

函館ハリストス正教会

函館ハリストス正教会の散策タイトル
函館ハリストス正教会の写真

【函館ハリストス正教会】ロシア風ビザンチン様式の教会で国の重要文化財に指定されています。ロシア領事館の礼拝堂として万延元年(1860)に建立されましたが、大火により焼失。現在の聖堂は大正5年(1916)に再建されたもの。

鐘楼にかかる6個1組の賑やかな鐘の音から「ガンガン寺」の愛称で親しまれ「日本の音風景100選」にも選ばれています。

徒歩1分函館観光の徒歩目安

函館聖ヨハネ教会

函館聖ヨハネ教会の散策タイトル
函館聖ヨハネ協会の写真

【函館聖ヨハネ教会】モダンな外観が美しい道内最古の英国プロテスタント聖公会教会。明治7年(1874)にイギリス人宣教師デニングが来日し、明治11年(1878)に最初の教会が建てられました。

火災で焼失を繰り返し昭和12年にこの地に移転され、現在の聖堂は昭和54年に改築されたもの。教会の横はチャチャ登りとよばれる坂で坂の上から見ると建物が十字の形をしているのが分かります。

函館観光の徒歩目安徒歩1分

函館カトリック元町教会

カトリック元町教会の散策タイトル
函館カトリック元町教会の写真

【カトリック元町教会】高さ33mの六家形の鐘楼と赤い屋根をもつゴシック様式の教会。安政6年(1859)にフランスの宣教師がこの地に仮聖堂を建てたのがはじまりとされています。2度の大火で焼失した後、大正13年(1924)に現在のゴシック様式で再建されました。

内部にある14聖像を配した華やかな木造の祭壇はローマ教皇ベネディクト15世から贈られたもの。教会の裏手には聖母マリアを祀る洞窟があり「ルルドの洞窟」と呼ばれています。六角屋根の大鐘楼に載った風見鶏が目印。

徒歩10分函館観光の徒歩目安

到着:市電十字街電停

異国情緒ただよう元町散策の終点

スポンサードリンク

Pocket ! hatena Google+ Feedly
  • ⇒函館元町おすすめ観光コース!徒歩で7箇所をめぐる異国情緒プラン はコメントを受け付けていません。

関連商品

  1. ⇒戊辰戦争集結の地『函館-五稜郭』を観光しよう!

    函館観光には絶対はずせない五稜郭の見所ガイド。戊辰戦争終結の地であり日本初の星型の城塞跡は必見。

  2. 函館五稜郭の駐車場・料金まとめ~観光に便利なパーキング5選

    函館市五稜郭の観光に便利な駐車場まとめ~地図・料金の比較表あり。五稜郭タワー・五稜郭公園から近いパーキング5選。

ココハコ函館観光情報

ページ上部へ戻る